是非知って欲しい看護師を取り巻く様々な法律

看護師に関わる法律

看護師の方が医療機関からの求人に応募する際に把握しておくべき点としては、法律に関連するものがあります。
看護師の方は、国家試験を通過するための学習過程の中で、さまざまな法的な規制の必要性を学ぶ事があります。

HOME > 薬剤師法

 薬剤師法

薬剤師法

薬剤師法とは薬剤師が役割を担っていく業務の内容についてや、資格取得のための方法について記載されている法律になります。 薬剤師法は近年改正が行われていますので、薬剤師だけでなく看護師の求人募集を考えている人にとっても理解しておくたい内容となっています。

薬剤師は販売や授与のために薬剤を調剤したときは、その薬剤を適切に使用できるようにするために、患者や看護に携わっている者に正確な情報の提供を行って、 必要な範囲の薬学的な知見に基づいた指導を行う義務が課せられています。従来から薬局で勤務していた薬剤師にとっては、調剤した薬剤について患者などに指導することは当たり前の業務内容だったと言えるかもしれません。

多くの薬局では従来より服薬指導が行われていましたが、それは薬剤服用歴管理指導料として算定されることが理由であったと言うことができますので、院内薬局などでは薬剤師がいても服薬指導が行われていなかった場合もありました。 そのような場合において、薬剤師法が改正されたことで、薬剤師の服薬指導が義務化されたことは大きな変更点と言えるでしょう。

情報の提供と服薬指導についての明確な違いは法律的には規定されていませんが、副作用についての説明行為は情報の提供であると認識されます。 服薬指導については疾病についての初期症状や、それに対応する方法、副作用を避けるための服用方法についてや、危険行為の回避についての説明などが含まれるものと解釈できます。

医薬品は人間の身体に大きな影響を与えるものですし、国民の安全性を考慮すれば調剤の提供者である薬剤師には、適切な情報提供のみでなく服薬指導まで行う義務が発生することは当然のことであると考えられます。 法律が改正されたこともあって薬剤師の社会的な役割にも変化が生じてくることが考えられ、病院や薬局においての薬剤師の知識の向上も求められています。 患者だけでなく看護に携わる看護師についても薬学の指導を行うことが必要になってきますので、看護師求人で応募した転職先の勤務内容によっては薬剤師との連携や、 薬学の豊富な知識が求められることも考えられますので勉強しておく必要があると言えるでしょう。