是非知って欲しい看護師を取り巻く様々な法律

看護師に関わる法律

看護師の方が医療機関からの求人に応募する際に把握しておくべき点としては、法律に関連するものがあります。
看護師の方は、国家試験を通過するための学習過程の中で、さまざまな法的な規制の必要性を学ぶ事があります。

HOME > 保健師助産師看護師法施行令

 保健師助産師看護師法施行令

保健師助産師看護師法施行令

看護師に関連する法令にはいくつかのものがあります。国家試験を受験するときには関連法規について勉強するのが普通ですが、ほとんど覚えていない人もいるようです。 実際に全ての法規を頭に入れておかなければならないわけではありませんが、覚えておかなければならない法律もあります。

看護師としての資格を取得するためには、もちろんこのような知識は必要ですし、実際に業務を行うときにも必要となります。実際には単一の法律の下で働いているわけではなく、 問題になったときに法的なトラブルに発展することもあります。医療事故に関する問題では、良く取り上げられています。看護師として求人に応募する段階で、もちろんですがこのようなことはある程度頭に入れておかなければなりません。

本来なら看護師の資格を取得して求人を得るまえに知っておかなければならないのですが、実際には完璧ではないようです。様々な法律が関係してくるのですが、その一つが保健師助産師看護師法と、保健師助産師看護師法施行令です。 看護師や保健師、助産師として求人を得て働くときにかかわってくるメインの法律となります。

保健師助産師看護師法は、国家資格であることなどを定めていて、 看護師の業務の範囲についても限定しています。保健師助産師看護師法施行令は、さらに細かく規定したものです。施行令と名前の付くものは、 もともとの法律を寄り詳しく説明をしたもので、 具体的な内容が記載されています。保健師助産師看護師法施行令も同じで、保健師助産師看護師法に規定されている内容を具体的に細かく示しています。例えば、登録をするために必要な具体的な免許の内容や、 受験資格を得られる学校など、詳細を記載したものが施行令なのです。