是非知って欲しい看護師を取り巻く様々な法律

看護師に関わる法律

看護師の方が医療機関からの求人に応募する際に把握しておくべき点としては、法律に関連するものがあります。
看護師の方は、国家試験を通過するための学習過程の中で、さまざまな法的な規制の必要性を学ぶ事があります。

HOME > 保健師助産師看護法

 保健師助産師看護法

保健師助産師看護法

看護師の方が、助産師としての求人に応募する際には、保健師助産師看護法について把握しておく必要があります。

この保健師助産師看護法とは、公的な機関から認定された方が、助産に関する職務や、 妊婦の方のケアに関する職務に従事することが出来る要項を規定したもので、新生児の誕生に伴い必要となる指導を行うことを目的としています。この資格は女性の方に限定されたものであり、 その内容は保健師助産師看護婦法より詳細が定められています。

この助産師という職務は、試験に合格することで専門的な資格を取得することができるもので、ナースの職務の中でも専門的な内容です。この保健師助産師看護法で認定されたナースの方は、 新生児ケアの質の向上に努めることが求められ、この専門的な領域の看護知識の指導に携わる事になります。

この法律は看護師や助産師の方の業務内容などを、細かく定めた法律で、助産師としての資格を取得する国家試験を合格していなければならないことや、それぞれの資格についての制限を定めるものとなります。 また、この法律で規定されている特殊な内容としては、何らかの行政的な処分を受けた看護師の再指導に伴うものなどもあり、このような看護師の教育を担う立場としての資格でもあり、 この資格の業務内容は多岐に渡るという特徴があるのです。この資格を取得した助産師の方は、お産についての介助を行う事ができます。また、保健師助産師看護法では、 助産師は妊娠中の女性の方の健康指導を担う立場として認定されており、安全性の高い出産を促すことを目的としています。

現在では、助産師の求人は医療機関で出産される方が大半である為に、病院である事が多くなります。そのため、医療機関で医師と連携し、妊娠や出産に携わり、新生児期のケアを行う事が一般的です。 そのため、求人先としては産婦人科が多くなります。また、求人数は少なくなりますが、助産師の専門的な業務を請け負う助産所などからも求人はあり、出張形式で助産師として職務に従事する方もいます。 このような場合は、新生児のケアから、小さなお子様の子育ての面を含め、女性の方の生活支援のために、積極的に活動しています。

また、助産院という求人先では、医療行為を行うことはありませんが、出産に加え、母乳での育児支援を専門としているケースもあり、産前や産後の健康指導や、育児支援に携わり、 法的に認められた方が専門的な技術を駆使して、多くの女性の方を支援しているのです。