是非知って欲しい看護師を取り巻く様々な法律

看護師に関わる法律

看護師の方が医療機関からの求人に応募する際に把握しておくべき点としては、法律に関連するものがあります。
看護師の方は、国家試験を通過するための学習過程の中で、さまざまな法的な規制の必要性を学ぶ事があります。

HOME > 看護師資格の歴史と法律

 看護師資格の歴史と法律

看護師資格の歴史と法律

看護師は古くからある仕事で、近代で言えばナイチンゲールが生みの親とも言われています。医師の世界では古代ギリシアのヒポクラテスは重要な人物ですが、それと並んで賞されるくらい重要な人物がナイチンゲールです。 医学そのものが紀元前400年に登場していたのですが、それに比べると看護師が登場したのが19世紀と言うことですから、かなりの開きがあります。看護というものが必要とされ、 そしてそれが確立したのは実際にかなり遅いのです。

日本の看護師の歴史は明治19年に始まります。日本赤十字社が看護師を養成するための施設を整えました。そして、その後はナイチンゲール式の教育を取り入れます。戦争があったことによっても看護師は必要とされるようになり、 技術も進歩したと考えられます。現在では法律に定められた学校を卒業し、そして資格試験を受ければ認められて求人に応募することができます。国家資格となったのは昭和23年になってからです。法律が整えられたのがこの年で、 保健師や助産師とともに資格の制度が整えられるようになりました。その後に第1回の国家試験が開始されたのです。

歴史的に見てもごく最近のことだと考えられます。医学の歴史の深さとは比べものにならないくらい新しいものだとも言えるのです。日本では法律が大きく変わったことが一度あります。 それは看護婦という言葉が使われなくなったときです。もともとは女性の仕事というイメージが強く、そのために看護婦と呼ばれていました。しかし、現在の求人を見れば分かるように、男性も求められています。 かなりの重労働ですから、男性に対する求人は、実はたくさんあるのです。そのために、「看護婦」という言葉が廃止され、法律の名前も変わりました。もともとは、保健師助産師看護婦法と呼ばれていましたが、 保健師助産師看護師法という名前になり、それとともに看護婦という言葉は一切使われなくなりました。

最近の変化があったのが平成20年です。平成20年にはフィリピンとインドネシアから看護師候補者の受け入れが始まったのです。日本で不足している人材を海外から補おうという考え方は妥当な考え方ですが、 現在のところは言葉の壁が大きく立ちふさがっていると考えられます。問題はいくつかあるのですが、今後も海外からの受け入れは進んで行くと考えられます。 それが進まなければ人口の減少の日本で看護師を維持することは難しくなってくると考えられます。